こんにちは、忍者マジシャンのニンニンこと、藤川です。

 

先日、労働組合の役員の方と「組合員とのコミュニケーション」について
お話しさせていただき機会がありました。

 

職場も異なり、年齢層も異なる組合員・・

 

そんな状況でコミュニケーションを図ってゆくのは、
ご苦労なことだそうですが、組合員の抱える悩みやストレスは、
所属する職場では言い出しにくいこともあるそうなのですが、

 

 

 

組合では話も聞きやすく、相談にも乗りやすいメリットもあるそうで、
「組合員とのコミュニケーション」を図ることは欠かせないそうです。

 

 

 

労働組合レクリエーションやイベントの目的には、

1.組合を身近に感じてもらったり、組合に興味をもってもらい、入会を検討してもらう機会

2.組合員同士が職場以外の場所で交流を深めてもらう機会

などがあげられるそうですが、

 

 

特に2.組合員同士が職場以外の場所で交流を深めてもらう機会として、
労働組合レクリエーションやイベントが、とても重要であると理解できました。

 

 

 

 

弊社でもこれまで労働組合レクリエーションやイベントでのご利用を
頂いてきました。

 

ご依頼の決定要因としては、

組合員同士の交流やコミュニケーションを生みやすい演出があること

です。

 

 

体験参加型のマジックで、

仕事と切り離された非日常な時間を共有していただき、

・組合員同士のコミュニケーション

・組合員と家族のコミュニケーション

・組合員とコミュニケーションをとるための手段やアイデア

などを得て頂いています。

 

 

「組合員と自然に会話を出来る機会を作る!」
体験参加型マジックにご興味をお持ちの組合活動のご担当者様!

 

下記より、ご案内ページをお気軽にご相談ください。